スポンサードリンク
   


外付けHDD macではどのフォーマットがベストなの?


外付けHDDを使用する目的はデータのバックアップが一般的ですが、ファイル形式(フォーマット)を気にすることはほとんどありません。
ですが最近macのパソコンを使うようになって、windowsとはフォーマットが違うことを知りました。
windows歴が長いのでいろいろ戸惑うことはありますが、macはwindowsより作業が快適です。
macの作業環境についてはここでは関係ないので以下略。

外付けHDDは初期状態でフォーマットがFAT32で販売されています。
しかし

ウィンドウズのフォーマットはNTFS
マックのフォーマットはHFS+


です。
なぜ外付けHDDフォーマットがFAT32で販売されているかというと、FAT32はmacとwindows両方のOSで読み書き可能なフォーマット形式だからです。

windowsのパソコンを使っている時は、windowsのフォーマットがNTFSなのでフォーマットの変更を考えましたが、FAT32でも不便を感じなかったため外付けHDDフォーマットを変更することなく使っていました。
まさか将来macのパソコンを使うことになるとは思ってもいませんでしたが。

外付けHDDはほとんど使っていなかったのですが、windowsのパソコンに不具合が出てきたためデータのバックアップのために外付けHDDを使うようになりました。
ただFAT32は1ファイルの最大容量が4GBまでなので、4GB以上のファイルのバックアップができなかったのですが、重要なファイルではなかったのでバックアップは諦めました。
(4GB以上のデータをどうしても保存したい場合は、exFATというフォーマットなら扱えるようです)
macパソコンでは、外付けHDDにバックアップしていたデータをそのまま使うことができています。

外付けHDDのフォーマットはmacで使用する場合、windows環境とデータ共有することを考えると、FAT32を使うのが無難な選択のようです。


posted by PCトラブルメーカー at | 外付けHDD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。